闇金利用者の末路

闇金の利用者の末路

MENU

本社の所在地を明かさない業者

闇金融と消費者金融の大きな違い

 

闇金業者からの被害を避ける最大の予防措置は、借り入れをしないことです。お金を借りないと、別の貸金業者への返済ができないといった理由で精神的に追い詰められ、つい、闇金からお金を借りる人は後を絶ちませんが、そこまで追い詰められたら返済よりも債務整理を考えるべきです。

 

しかし、中には相手が闇金業者と知らずにお金を借りてしまうという人もいるでしょう。すべての人が、合法的な貸金業者かそれとも違法な闇金業者かを見分ける知識があるわけではないからです。

 

では、具体的に闇金業者かどうかを判断する方法には、どのようなものがあるのでしょうか。まず、一番簡単なのが会社の所在地を明記していないということです。

 

銀行や消費者金融など、合法的な貸金業者であれば、本社がどこにあるのかわからないということはあり得ません。身元を隠しているということは、身元を知られたら困るような営業をやっているということなのです。

電話で勧誘してろくな審査も行わず融資する

次に、審査についてかなり曖昧なことを謳っている場合も闇金業者である可能性が高いです。「他社で断られた人でも大丈夫」「人柄重視で融資」といった文言は、闇金業者が配布しているチラシによく書かれているものです。

 

一般的な貸金業者から融資を断られる人というのは、多重債務者、あるいは無職の人など、返済能力がないと判断される人です。闇金業者が、そういった人であってもお金を貸すと言っているのはなぜかというと、いざとなったら親などの近親者から取り立てるつもりだからです。

 

また、個人に対して電話で営業をかけてくる業者もかなり疑わしいといえます。たとえば、「数万円程度であればすぐにお貸しできますよ」などと電話で持ちかけてきて、ろくな審査を行わず、契約書を取り交わすことなく、すぐにお金を入金してきて、10日前後で返済させる業者は違法業者であることが濃厚です。最初は少額を貸しつけて、少しずつ金額を増やして高額な利息を取り続けるのが彼らのやり口です。

設定している利率がおかしい

設定されている利率が明らかにおかしい場合は、100パーセント、闇金と判断できます。たとえば、10万円を貸しつけて、10日後に1万3千円を返済してほしいといってきた場合、10日間で利率10パーセントということになり、完全に違法です。合法的な貸金業者の場合、10万円に対して設定する利率は多くても年利20パーセントです。

 

そして、資金業者登録番号がチラシや広告に掲載されていない業者も、まず闇金業者といっていいでしょう。貸金業者になるためには都道府県の審査を受けて許可されなければなりません。

 

許可されると番号がもらえますが、闇金業者には当然、営業許可は出ませんし、そもそも許可の申請も行っていないので番号を持っていないのです。

 

ただ、中には資金業者登録番号のように見える、適当な番号を広告に載せて欺こうとする業者も存在するので注意しましょう。もちろん、そういった業者は確実に違法業者です。