闇金問題を警察に相談するのは危険?

闇金の利用者の末路

MENU

警告を受けても取り立てをやめることはない

闇金利用者の末路

 

闇金から激しい取り立てを受けているので、なんとかしてほしいという相談を警察に行った場合、どうなるのでしょうか。

 

まず、警察は相談されたからといって、すぐに逮捕するというわけではありません。なぜ逮捕しないのかというと、違法性を示す証拠がないからです。債務者が、「自宅や会社に、朝晩、取り立ての電話をされて困る」ということを訴えたとしても、それを証明する第三者の証言、あるいは取り立て電話の内容を録音したテープ、闇金業者の身元がわかる書類、こういったものがなければ捜査を始めることはできないのです。

 

ただ、警察は相談されればある程度の対応はしてくれます。具体的には、闇金業者の携帯に電話をして、違法な取り立てはやめるようにと警告してくれるでしょう。闇金業者も、逮捕されるのは免れたいと考えているので、警告されればしばらくの間、取り立てを行わなくなる可能性が高いです。

 

しかし、ずっと取り立てをしないというわけではありません。

面子を潰されることを嫌う

むしろ、債務者が警察に相談したことを根に持ち、さらに激しい嫌がらせを加えてくる危険性があります。闇金業者は、取り立てを苦にした債務者が、返済するお金を作るために強盗事件を起こすなどしない限り、警察が真剣に自分たちの捜査をすることはないだろうと考えているのです。

 

そのため、警察から警告されてしばらくの間はおとなしくしても、違法な取り立てを平気で再開してくるわけです。

 

 

また、闇金業者には面子があります。

 

「あの闇金業者は、警察から警告されたら取り立てをしなくなった」ということが噂になれば、お金を借りても返済せず、警察に相談して逃げ切る債務者が続出してしまい、商売になりません。

 

そのため、逮捕される危険性があっても、違法な取り立てを完全にやめることはないのです。

 

 

警察は必ずしも、闇金業者対策のスペシャリストというわけではないので、まずは弁護士に相談してから闇金業者への対応を考えた方がいい場合もあります。

第三者への相談は必要

では、闇金業者から被害を受けていても、警察に相談するのは避けるべきなのでしょうか。これは、違います。状況によってはすぐにでも相談した方がいいことも当然あります。

 

 

基本的に、闇金からお金を借りて債務が膨らんでいった場合、債務者が一人で解決するのはほぼ不可能です。それこそ、宝くじが当たったりして、一括返済が可能になるといった奇跡を期待するしかありません。

 

また、親などに泣きついたとしても解決できるとは限りません。闇金によってはいろいろな難癖をつけて、完済させないようにしていつまでも利息を取り続けることもあるからです。

 

こういった状況をなんとかするには、信頼できる第三者に相談するしかないのです。もし、誰に相談していいのかわからないという状況に陥った場合は、役所などが開設している債務相談コーナーへ行ってみるという手もあります。こうしたところにはボランティアの弁護士や司法書士がいて、無料で今後、どう対処していったらいいかをアドバイスしてくれます。