闇金が逮捕されない理由

闇金の利用者の末路

MENU

債務者が被害届を出さない

闇金業者はれっきとした違法業者です。彼らからお金を借りて追い詰められた人が犯罪を起こしたり、自分で命を絶ったりして、ずいぶん前から社会問題になっています。しかし、闇金業者が警察に逮捕されたという話はあまり聞くことがありません。なぜ彼らは逮捕されないのでしょうか。

 

その理由として挙げられるのは、まず、債務者がそもそも警察に被害届を出すことがないからということです。

 

お金を借りてもいないのに、お金を返せと迫られれば警察に連絡するかもしれませんが、相手が闇金業者とはいえ、お金を借りたことが事実なのであれば、そのことに負い目があって警察に連絡できないというわけです。被害届が出されなくては警察も動くことはできません。

 

また、最近の闇金業者の中には違法な金利設定をしつつ、それほど厳しい取り立ては行わないところもあります。この場合、債務者は高額な利息を払い続けることになりますが、心理的に追い込まれないので、そもそも被害を受けているとすら感じません。

どこで活動しているのかわからない

闇金業者が逮捕されない理由として次に挙げられるのが、彼らがどこにいるのか警察は把握できないということです。

 

一般的な貸金業者であれば、オフィスの所在地を当然公表しており、実際、そこに行けば会社が存在しています。しかし、闇金業者の場合、公にしているのは携帯電話の番号だけということも珍しくありません。電柱に、「融資します」という文言と、携帯番号が書かれたチラシが貼られているのを目にしたことものある人も多いでしょう。

 

闇金業者が利用している携帯電話は、飛ばし携帯と呼ばれる、第三者の個人情報を利用して取得されたものがほとんどで、携帯電話の契約者を突き止めても闇金業者にはたどり着かないのです。

 

また、返済先の銀行口座も、やはり第三者の名義で取得されたものであることが多く、銀行に登録されている情報で所在地を突き止めることもできません。
つまり、闇金業者は自分たちが逮捕されないような工夫をして活動しているのです。

証拠が揃えば逮捕されることも当然ある

警察は、原則、民事不介入であるというのも闇金業者が逮捕されない理由です。

 

お金の貸し借りのトラブルは民事上のトラブルという判断になり、警察は手出しできないのです。ただ、取り立ての違法性を証明できる、あるいは、違法な貸しつけが行われている証拠があるという場合、それをもって警察は刑事事件として動いてくれる可能性があります。

 

なので、闇金業者を警察に逮捕してもらいたかったら、違法なことを行っているという証拠を集めることです。

 

実際のところ、闇金業者は絶対に逮捕されないというわけではなく、逮捕されている業者もかなり多いです。事件としてはそれほど大きなものではないからニュースになっていないというだけで、捕まるときは捕まるのです。

 

なので、明らかな被害を受けていたら、「警察に言ってもどうせ逮捕されない」と諦めることなく、相談してみるようにしましょう。その時点ですぐに警察が動くかはわかりませんが、「逮捕するにはこういう証拠が必要」といったアドバイスをもらえるはずです。